Entry: main  << >>
10月13日の鴻池球場の公園で傍若無人な二歳児と遊んでいたお子様達ありがとう!!

先日 、、先日といっても何週間も前ですが

三輪車ブームのわが子を鴻池球場の公園に連れて行きました

いつものように滑り台で遊ばせようとしましたら その日は競技場でどこぞの運動会をしているようで

公園では年齢性別色々の子供達がキャッキャワイワイ盛り上がっておりました

 


あー、、先客か しかしせっかくきたのだから

(三輪車ブームと言っても我が子は運転している気持ちで得意になっているが

実際は乗っているだけで押して動かしているのは私!私だけが疲れる!私だけが!!)

 


まあ 隅っこであそばせてもらおうとしたら

なんと!お洒落な今風の少女たちが我が子の手をひいて

一緒に遊ぼう!と言ってくれたのです!

なんと!

 


日本語がカタコトの癖に傍若無人な2才児

しかも 初対面 余所の子なのに!

 


しかも 傍らにいる母親は

くったくたの貧相なぼろ雑巾なのに!

これが 裕福そうなマダムだったら

お礼に 美味しい洋菓子をごちそうになれる可能性があるからまだわかります

しかし そうじゃないのです

落武者の風情のある母親なのです

 


将来 就職するときにコネの役に立つとかそんな希望皆無な 金の匂いのしない親の子を!

 


これは、、!純粋な善意だ

なんという 素晴らしい子供たちなのだ‼菩薩の心を持っておられる・・!!

久々に本当に美しいものまみえたような気持ちがして

数週間前のことなのにまだ 感動しております

 


大人の場合

屋外で見ず知らずの人が声をかけてくるといえば

保険の勧誘か 宗教の勧誘か ラッセンの版画を売り付けに来る輩

アンケートに答えてくださいというから答えてやったら

気がついたら高い化粧品買わされると相場が決まっておりますが

子供の場合はそういうことはまずないのです

純粋に一緒に遊ぼうという気持ち、、

子供 素晴らしい

大人 汚れてる

 

 

 

大体 裕福そうなマダムなら洋菓子が貰えるという

発想を自然に持つこと自体 どんだけ薄汚れているでしょうか 自分

30幾つまで生きてるとこんなになってしまうのです 情けない

しかし

これまで生きていく中で 上記↑の奴等に全て引っ掛かったり引っ掛かりそうに

なったのですから それも仕方が無い事 閻魔様も情状酌量してくれるはず・・

 


我が子は公園の小学生のように

美しい心の子供に育って欲しいです

大人になったら、、まあ 騙されない程度に軽く煤るぐらいで、、

 


ということで あの時の小学生の子達ありがとうございました!!

このブログを見る確率は限りなく低いですが 学校名を聞き忘れたし

ここで感謝を述べておきます

| 文六 | 03:59 | - | trackbacks(0) | - | - |
Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode