Entry: main  << >>
変身願望の秋からの・・なららカフェを惜しむ
のどかな秋の昼下がり
わが子と友人と自宅近くを歩いてましたら

許されざる衝撃的光景が!!

歩道に飼い犬に●ンさせて 平然とそのまま立ち去るギャルが!!
現行犯ですよ 現行犯!! 許せん! 注意してやる よし

しかし
以前も現行犯を注意したときがあるのですが
それはフツウのおばさんでした しかし 今回は娘らしく(同じ犬)
その娘の風体は 
・日本人なのに金髪
・ドンキの客みたいなシャカシャカした素材のジャージ着用
・ヘッドホンしててシャカシャカ盛大に音漏れしてる・・
といった 何かが役満・・といった感じでして
これはスズメバチみたいなものだと キケンキケン と 脳が認識して何も出来ませんでした

無念・・
見た目に怖気づいた自分をふがいなく思いますが しかし
注意したらば 懐に忍ばせているかもしれないジャックナイフでさされるかもしれない
モモ太郎を母無し子にしてしまうどころか 親子で串刺しにされるかも・・
見てみぬふりをしてしまった事を仕方がないと納得すべきか・・

フン害に怒っているのは私だけでなく 皆迷惑してまして
あのギャルが通ってた道には
「自分の飼い犬の糞も片付けられぬような不逞な輩はこの道を通るべからず」*筆書き
といった 昭和の雷親父がすっごい怒ってる感が溢れに溢れた看板が立っているのですが
そんなインパクトのあるものをさらっとスルーするギャルです
まともな人物じゃない  常人の理解を越えております 怖や怖や
やっぱり私には注意ができない

ああ 魔法で神取忍に変身できたら注意できるのに・・
なんなら 北斗の拳に出てくる 「こんなでかいババアがおるか」って言われたババアでもよい
魔法で変身したい 変身してガツンと注意したい
注意できるのだったら 魔法が解けなくなっても良い
その後の人生は マナーのなってない飼い主を恫喝する怪人として目をギラギラさせながら日本中を巡る
修羅の道に落ちても良い
奴らを駆逐できるのなら望むところだ!

・・と 怒りのあまり一瞬思ってしまいました

なんか こう行政はもっと犬の●ン放置をもっと重い罪として法律で定めてくれたらいいのです
そしたら変身して修羅の旅に出なくてもいいのです
個人的には懲役30年が相応だとおもわれます

怒りネタ関連で本題ですが・・
前置きが無駄に長くてすみません

このまえ ならまちセンターの敷地内にある なららカフェ というお店に向ったのです

そこは 月刊ならら という すばらしい奈良の情報誌のバックナンバーが読め
室生のおいしい天然酵母パンが食べられる 気軽に入れて奈良好きにも近隣住民にも
愛されるカフェでありましたが

なんと・・・
どういったことか 

ふとモモ太郎が大きくなったら このカフェでバックナンバーを読み漁るのが
夢であったのに 惜しい  惜しすぎる・・・

惜しさのあまりブツクサ言ってましたら
親切な人が 奈良日日新聞の9月25日版を持ってきてくれました
そこには非情で納得できない内容が!!!

要約しますと
奈良市長 仲川元氏の肝いりで 奈良町センターが多額の工費を投じて改修された
市民からの存続の声が大きかったにもかかわらず センターの一階の展示スペースがつぶされた
1400万を投じてその場所を活用する青写真を描く業者(カイ出版)が決まったが その選定がなんか怪しい・・
と書いてありますが 長くなるので割愛
その展示スペースだったところに 市内の飲食店「粟」がきて 市長の物心両面で支援を受け 
特注の客席やテーブル タブレット
さまざまな備品を公費で購入させて カフェ「cotocoto」がオープン
しかし 利用者数は当初の見込みを大きく下回る
奈良のPRのためというのが 公費を投じて備品を購入したという理由だが そもそも人が来ていない
近隣店主曰く 「奈良のPRというより粟のPRみたい」
そして カフェ「cotocoto」オープンを期に ならまちセンターに以前からあった
なららカフェ を追い出すことを市は決めた

なららカフェ側は 隣にカフェができても共存していける
と意見したが聞き入れられず 無常にも今年5月に閉店することになった
市職員によると 具体的な数字は示せないが なららカフェの来客者数はcotocotoよりも大幅に多く
経営上何の問題もなかった 
市長がこだわる 不評な新しいカフェのために 既存の人気カフェが追い出されたということである
なららカフェは厨房備品等全部自前で用意してきたが市は迷惑料30万だけ払い何の補償もしていない 
ちなみに 一階を改修してcotocotoオープンのためにかかった公費 改修 契約 備品等々で4700万以上



とのこと!
なんだかもう酷すぎる

市長のセンスと思慮の足りなさと横暴さにはがっかりです
奈良をPRしたかったら なららカフェ もうこれ以上ベストなものは無いでしょうに
それをわざわざぶっ潰すとは ・・・店長さんも奈良&仏愛に溢れた方だったのに・・
十数年毎月奈良の事をを書いても  まだネタの付きそうもない脅威の雑誌 「ならら」
それを読めるカフェ
 奈良漬など 奈良の素材をセンス良くあわせた申し分の無い喫茶メニュー
しかもお値段手ごろ おじさん一人旅でも気軽に入れる気楽な感じ 地元民ウケも良し
そんなカフェをつぶすだなんて・・
フェイスブック見ましたが 時が止まってました・・
どこかで移転して営業してたらいいのに と思いましたが もう本当に無いらしい ショック


一方なんだか 意識高い系カフェが出来ましたが 敷居と値段が高くて全く入る気しません
小汚い私めは遠目で見るとします ハイハイハイ おしゃれですね
それにしても なららカフェとはコンセプトもメニューも値段も違います
客層は全く被らなかったはず・・なららカフェが潰された納得できる理由がどこにも見つからないです
口惜しい×五劫

そして なららカフェが潰された事も腹立たしいですが
ならまちセンター一階が改修されたとされてますが
入ってみたところ その改修費用 ほとんど全部 カフェcotocoto に充てられた模様
もっと改修すべきところあったのに放置ですよ まったくもう・・
そんなに市長はcotocotoカフェが好きか なんなら市長辞めてそこで働いたら宜し

改修すべきトイレもなんだか小汚く薄暗いままだし・・
たかだか 一階か二階あがるだけなのに妙に時間のかかる旧式エレベーターもそのままだし・
悪党がエレベーターに乗り込んで ドヤ顔で逃げたとしても
熱血刑事なら階段猛ダッシュで追いついて無事逮捕できてしまいますよ 悪党呆然 ああ それは良いことか

ということで 気がつけば夜更けですので終わりとします






 
| 文六 | 23:34 | - | trackbacks(0) | - | - |
Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode