Entry: main  << >>
我が赤子の話10 ミルク飲み人形がチャッキーへ

 ごぶさたしていました どうもすみません 無事です

先日 金曜ロードショーで スタジオジブリのかぐや姫の物語が放映されていました
世間では帝のアゴがどうだこうだ言われてるみたいですが
私的にはジブリナンバーワンだな! と思いました カリオストロの城 越えです 
特に ラストの 月の使者(仏だった!!)の来迎シーンが圧巻でございました
あれから三回くらい巻き戻してはそこばっかり見てます
特にというか そこだけでナンバーワンです
あの壮麗なウキウキ来迎釈迦一団 
彼らにとっては地球人の抵抗などミジンコのパンチみたいなもんです
楽しげなのにうっすら不気味な音楽 久石穣氏 相変わらず良い仕事をしてます
ドローンより高性能で軽快に飛びまくるクリオネみたいな飛天
そして かぐや姫と相席で釈迦が座ってる!!

かぐや姫のおじいさんとおばあさんとは別な意味で
「私も連れてってくれ!」
と思いました
・・

がそんな現実逃避はしてはいけないのです
乳飲み子が居ますから

フトモモ太郎は なかなかハイハイが出来なかったので
内心ちょっとヒヤヒヤしてましたが
10ヶ月頃に つかまり立ちと同時期にハイハイできるようになりました
フー 良かった 
・・ですが 本当に目が離せなくなりました
目に入るもの全てひっくり返し
輩のようにガラッ!と襖を開け放し どこまでも行くし
床にゴミが落ちてたものなら躊躇無く口に入れるし
モモ太郎は起きている間は 監視対象者 要注意人物 荒くれ者 です
言語がまだ全く通じてないので
まあ いうなればチャッキーみたいなもんです 元気で宜しい


パソコンのキーボードを叩きまくるのがお気に入りなフトモモ太郎
パソコンをしてると横から奪いに来て
あっという間にttttttttttttttttttttttとか検索されてたり
なんかわけのわからん健康食品の購入ボタンを押す寸前だったり
WEBカメラが作動してたりで うわあああ!です
もう 抵抗しても仕様が無いので 電源を切ってなすがままにしました

フトモモ太郎は動くようになったわりには球児のように尻とフトモモが大変に太いので
これからもフトモモ太郎と呼ぶことにします
 

一気に書こうと思うから更新が滞るわけだとやっと気がつきましたんで
今日はこの辺で! ではまた

| 文六 | 21:56 | - | trackbacks(0) | - | - |
Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode