Entry: main  << >>
残暑お見舞い申し上げます
 しばらくご無沙汰していました
いつ終わるのかと心待ちにしていた
酷暑と我慢の夏 2012 8月
でしたが 
なんだかんだと 仕事や生活に追われていたらもう終わりです
大人の皆様は皆そんなもんだと思います
奈良は地蔵盆もバサラ祭りももう終わってしまい
祭りの後を絵に描いたような 落ち着いた状態になっております
・・まだ暑いですけどね

そういえば ホームページのほうのアクセス数が
一万件に達した ヤッターと地味に喜んでいましたが
よくよくケタ数を勘定してみたら ・・違った 
0がひとつ多かった !・・ ビビリます
5年以上地味にコツコツ更新していたら こういう数字に
なりうるのですね 皆様本当にありがとうございます

さて この夏 お客さまから暑中お見舞いのおはがきを
頂いたのですが 
ノロマな亀の私 なんだかんだとやっていましたら
もうとっくにお盆が過ぎてるし
もう 残暑お見舞いですね
で 書いたのがコレです

 
夏の終わりの夕暮れの情景です
家屋の構造が変だとかその辺の細かいところは
みんどいてください 薄目で雰囲気だけ見てください


まだ 現在全然暑いんですけど
気温と湿度的には全くもって 夏! であるのに
夕暮れ時から なんとなしに 
井上ヨウスイさんの少年時代とか
井上さんと玉置コウジさんの夏の終わりのハーモニーが
聞こえてきそうな風情を感じる今日この頃です

蝉の死骸を仏の足元に落とそうかと思いましたが
ちょっと・・・と思い 赤とんぼで妥協しました

最近 ビーブッダの世界では
仏とあの子(角の生えたコブトリな県職員)
のキャラの境界線があいまいになっております
体系はもう完全同一です

スイカを食って夕寝の肥満児の足元に
夏休みの友 とかいう冊子が落ちています

私が小学生の頃(今の小学生はあるのかな?)
夏休みの宿題として学校から貰った冊子です
中は この計算しろや とか なんか絵日記かけや
とか 星を見ろとか 本を読めとか
科目の壁を越えて指令(課題)が盛りだくさんの
薄いながらも残すと面倒くさい 嫌なアラカルトでした

小学生の頃6年間 毎年コレを貰うたびに
(夏休みの友って・・・こんなの友達じゃないし
 勝手に友達って決めるなっつうの)
と思っていたのは今となればほほえましい思い出です
私と同じことを考えていた小学生は
昭和の日本全土に何万といたことでしょう
| 文六 | 10:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
こんにちは。 夏休みとって心身ともリフレッシュできましたか。 今回は台湾旅行記珍道中みたいな報告はないのでしょうか。結構楽しみにしていたのですが。
このイラスト、またまたやっとるなとニヤケて見ていたのですが、
おお!「諦観」風鈴しぶい!!
やるやん文ちゃん!さすが!
と思った瞬間、「諦観」ではなく「締観」?
「締観」でも字の意味からして分かることは分かるんだけど別に間違っているわけではないよね。気になったもんで意図して使った字ならごめんちゃい。余計なお世話。
プリプリのビーブッダ紹介映像見ました?結構何回も再生して見てしまいます。なぜだろう。またね。
Posted by: なおブー |at: 2012/08/30 9:28 PM
どうも コメントありがとうございます!
諦観・・ハッ
素で間違えておりました!意図もなんにもないです 純粋に誤字です
指摘がなければ永遠に気がつかないところでした!
ありがとうございます
プリプリの録画 指の隙間からチラと
見ましたが 思いのほか尺が長くて
ビビリました なんなんだろう
珍道中はどうしようか おかしな仲間が写っておりますのでUPが憚られるような 長崎の軍艦島に立ち寄りましたが 感慨深いものがありました
エネルギー資源欲しさのためなら
岩礁にマンション群建ててしまう
戦前の日本人のど根性に感服
Posted by: 文六 |at: 2012/09/01 9:29 AM








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode