Entry: main  << >>
美豆良(みずら)の男というものは全く・・
 古事記の編纂?1300年ということで
奈良は盛り上がりたいそうなので
私も10数年ぶりに古事記を読みました
もちろん 現代語訳で
しかも 文字がおおきくて ルビまでふってあり
ゆるい挿絵入りです
この本 ・・もしかして小学生向きかもしれません

でもいいです 見栄を張って高尚な感じの本を買ってしまうと
封印された書として 本棚に永久に眠るだけです
 
30過ぎたら 見栄もへったくれもどうでも良くなってきました
阿呆の子は阿呆らしく 身の丈にあった自然体で生きればよいのです
阿呆は恥ずかしいことかもしれませんが
それよりも 賢いふりしてたのに阿呆であることが露見したときのほうが
数百倍赤っ恥な気がいたします  

さて 小学生にも超わかりやすい 古事記を読んだのですが
面白いですよ かなり

つっこみ属性のある方にオススメです
八百万の神々 突込みどころ多すぎです
読みながら
「え?」 とか「オイオイ」とか思わず言ってしまいました

特に 有名どころの男の神がヒドイ 本当に神なのか・・
その辺のコンビニ前でヤンキー座りしているお兄さん達のほうが
よっぽど常識があるというか なんというか
・・だれかに殴ってもらいたいです
そうだ ヤンキー座りのお兄さんに殴ってもらおう!

スサノヲ

この方は 天照さまの弟です 風の神さまです
この方が暴れるので天照さまが岩戸に隠れてしまったのは有名です
その乱行ぶりは 実際読んでみたら想像以上でした 唖然 書くに堪えないレベルです

なんかもう・・
人間界に追放なんて甘いです
あなたこそが天岩戸に入っていろという感じです
しかし 量刑は人間界追放でした! 
とんでもない! やめて!こっちに厄介払いするとは日本の神さまたちひどいです 

ところが
すわ アンゴルモアの大王振って来た!!
となったと思いきや 
意外にも この方は人間界にきたら
ヤマタノオロチを退治したり ちゃっかり英雄になってます
嫁まで貰ってまるで ヒーローの扱い
キャラが変わります
まるで美味しんぼの初期の海原雄山氏と中期以降の海原氏の変わりっぷりのような・・

しかし 後年 娘の婿候補(オオクニヌシノミコト)にとんでもない
無茶振りふっかけます 
わしの頭のシラミを取ってくれとかおっしゃいます
その時点ですでに引きますが
実際 頭を這っていたのはシラミでなく ムカデでした
なんかもう 不潔とかとおりこして なんか もうなんと言っていいのだか・・
ただ 大前提として ムカデが頭に居たら日常生活は送れないと思うんですが
でも 神さまだから なんかこう 感覚とかスケールが違うのですよね きっと


でその オオクニヌシのミコト

この方は 因幡の白兎を助けたりとか 心優しい青年のようですが
人が良すぎて少々天然ボ・・なんじゃないかと思われます

この方にはヤクザなアニキがウジャウジャいるんですが
アニキは弟をかなりのむごたらしい手段で本気で殺しにかかってきます 
殺し方がえげつないのでちょっと書けません

でもって オオクニヌシ様は素直な弟なのでそんなアニキらを信用して
懲りずに2度もおもいっきり即死します・・!!2連続で!懲りないのか・・
あわれな オオクニヌシ 
しかし 彼のお母さんがミラクルを使って2度も蘇生させます
凄いお母さんが居てよかったな  です

でその後 スサノオの所のスセリ姫を嫁に貰うために
スサノオから無理難題というか 致死レベルの試練をあたえられます
今度は全部 スセリ姫にこっそり助けてもらいます
あと 鼠とかにも

女や小動物好かれ助けられる性分のようです
というか 助けられてばかりのような気もいたします

ところが その後 助けてもらったスセリ姫と結婚するんですが
あちこちで浮気しまくります しかも独身とか偽ります
age35 恋しくて よりだいぶ酷い気がいたします
 

あと ニニギノミコト
 
この方が 麗しの乙女 コノハナサクヤ姫に求婚したところ
頼んでないのに 姫の父が サクヤの姉のイワナガヒメ
をオプションでつけてきたのです 
しかし その姫が不美人だったので
ニニギ様が「いらん」と返却したということで有名だと思います

実はイワナガヒメを娶れば永い命が約束されてたので 
ニニギさま以降の天皇の命は人間並みに短くなってしまったのです
この方もストライクゾーンのせいで・・

さらにこの方 美人のサクヤ姫と結婚して幸せに暮らしていたのかと思いましたら
姫が懐妊したら「本当に俺の子か?」とかおっしゃったりします
昼ドラに出てくる悪い夫そのもののような・・

そして姫は身の潔白を証明するために 炎を放った産屋で出産します
無事に産まれたら正真正銘ニニギの子だそうです
どういう理屈でそれが証明となるのかわかりませんが
神さまの世界では  まあ そんなんでしょう 
女のほうの激しさも昼ドラのような・・

あと古事記全般に
不美人の扱いが 稲中より ヒドイです
ブスはいらんから 突っ返す が横行してます
さらに突っ返された哀れな姫は 戻るの恥ずかしいからという理由で
首くくって死のう とか言い出します なんてひどい世界なのでしょう
 嫁にいけなくても 職人とか 職人になればいいのに・・


ヤマトタケルも え?英雄?・・なの この方
の突っ込みどころの多いミズラ様ですが なんかもう きりがないのでこの辺にします

皆様もよかったらどうぞ 古事記 突っ込み属性のある方には神書です!
| 文六 | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode