Entry: main  << >>
ドリームクラッシャーの野望3
 はやいもので 一年も12分の1が過ぎてしまいました
忌々しい確定申告の時期に突入です
めんどくさいったらありゃしないですが
マルサに査察に入られないように・・
まあ こんな小さい店など来るわけ無いですけど
ちゃんと片付けようと思います

さて 続き

懐かしい同僚が集合です 
ドリームクラッシャーの野望3

 そういうわけで 
藤原京歩さんのアパートになつかしい2人がやってきて
梵鐘響 藤原京歩 盆地淳 靴下安雄 の四人でちゃぶ台を囲む
顛末となっている 歩の息子 守君は傍らでDSで遊んでいる


元リーダーなので 響が率先して沈黙を破った
「よう!久しぶり!元気っ? てゆうか
二人とも到着めっちゃ早いよ!
何スープの冷めない距離に住んでやがるんだ!油断ならねえよ!」


「元気だよ!ってゆうか
 何?油断ならないとか そういう下種な発想を持って響こそ
 油断ならないんですけど!オイラはただ歩が困ってたら早く駆けつけたい
 それだけの気持ちで近くに住んでるんだぞ!
 蛍光灯の電気がきれちゃったらそりゃあすぐに付けてあげなきゃ
 かわいそうだろう?変な気持ちはないぞ!」


響はジャムの蓋を開けるときに呼ばれているが 
淳は蛍光灯がきれたときに呼ばれているらしい


「そうだそうだ!私も純粋な親切心で
 スズメバチの巣の駆除をしてるんだぞ!
 そういう穢れた猜疑心を持つのは
 お前が穢れている証だ! 
 この、下水道で生まれ下水道で生涯を終えるドブ鼠野郎
 哀れんでやるぞ フハハハハ!」


(こいつ・・もしかして歩に嫌われてる?)
高らかに安雄は笑っているが
響と淳は、自分達とは段違いに過酷な仕事を仰せつかっている安雄
を哀れみ、安雄より自分達はまだ歩に好かれているかも?と
ちょっぴり幸せな気持ちに浸った


「やめて!喧嘩をやめて!」


80年代アイドルの歌のタイトルのような台詞で
事の張本人である歩が割って入った


「そうだった そういえば俺達は歩さんに問いただすために
 集合しているのだった!
 ねえ?なんで俺が居るのに 淳とか安雄とか他の男達にも
 頼んでいるわけ?」


「そうだよ 俺だったら一人で蛍光灯以外にも ジャムの
 蓋だってあけるし!・・・でもスズメバチは業者に頼んでくれない?」


「ふふ、また大勢の男の心を弄んで
 なんて罪な女なんだ・・ふふ 
スズメバチに二度さされた時はドキッとしたよ」


潤んだ瞳で歩はつぶやいた


「え・・だって だって・・
 一人の人に全部頼んだら悪いじゃない
 だから皆に頼みごとを分散させたの
 少しでも皆の負担が軽くなればいいな って思ったの」


「え!え!なにそれ?すっごく優しいんですけど!
 天使過ぎるんですけど!」


淳と安雄はあっさり落とされ
酷く感動していた


しかし響は
え?これは優しさ?優しいの?
そもそも優しさって何?
そもそもスズメバチの駆除を頼んじゃうのは
確実に優しくないでしょう、となんだかモヤモヤした


「え・・でもさ 何人もの男を利用してるのは事実だし
 しかも何十人も・・なんか誠実じゃないってゆうか・・」


ガツッ!


「あ痛!」


「なんだおまえは!なにさまのつもりだ!」


響は守君にDSを投げつけられた 頭部に


「なんだおまえ!せいじつもなにも
 おまえはママの彼氏でもなんでもないから
 そんなのいえる分際じゃないんだぞ!
 なんじゅうにんもいるお兄ちゃんやおじちゃんのなかには
 ママの彼氏はひとりもいないんだから
 ママは不貞をはたらいているとはいえないぞ!
 おまえらがかってにママの手伝いしたくてしてるだけだ
 ママをわるくいうな!下僕ども!」


小学一年生の口から吐かれる
もっともな言い分に 
響の心はDSを投げつけられた頭より痛んだ・・
そうか・・そんなんだ 自分ら彼氏ですらないのだから
裏切られる資格さえ持っていないのだ
ヘヘ・・・・と


「おまえ これいじょう
 みぶんふそうおうな事いったら
 おじちゃん17号からけんしゅうせいにこうかくだぞ!」


その刹那 響はおじちゃんより
むしろ研修生のほうになりたいと思った
それにしても 不貞やら身分不相応やら
なかなか嫌な言葉を知りすぎている小学一年生である


痛む頭と心に耐えながら響は歩に懇願した


「うう・・お願いだ 何十人もいる下僕のひとりでもいい
 かなり重大な事だけどもう どうでもいい
 でも でもせめて おじちゃんは免除してくれ
 まだ俺はおにいちゃんでいたいのだ!」


「そうだよ歩さん!いまどきの30なんてまだ若いよ!
 最近の日本人は昔に比べると若くなってるというし!」


「私のナンバーに追記してある(不惑)も消していただきたい!
 福山マサハルとバカボンのパパは同じ年だし
 サザエさんのアナゴさんはなんと27歳なんだぞ!
 星一徹はなんとあれで30代! 
 昔の老けた人基準で定められた 30〜おじさん設定は
 今の社会に合致してないのだ!憲法みたいなものだ!
 考え直してくれないか?」


響に続いて 淳や安雄も必死に懇願した
しかし 歩は


「え!やだ 星一徹30代?!なにか
 悪い病気にでもかかったのかしら?
 もし同窓会で再開した友人があんなに老けてたら
 かわいそうで泣いちゃうわ
 でも、二次元キャラクターで比較されてもね〜
 世の中10進法だし
 かわいそうだけど区切りのいいところで切り捨てなきゃ
 グダグダになるわ こういうラインは明確にしなきゃね
 それに貴方たちも一見若く見えるけど
 それでもやっぱり10年前の写真と比べたら年取ってるわよ」


優しいようで 容赦ない歩だった
あまりの無慈悲っぷりに響は思わず言ってはいけないことを
言ってしまった


「俺らがおじさんな、君だっておばさんじゃないか!」


案の定 歩は泣き出し
守だけでなく 淳や安雄にまで
総てのレゴをぶつけられまくる響だった

バラバラバラ


「痛い!いたたた! ごめんなさい!もう勘弁してください!」


「響!歩さんを泣かせやがって!許せん!」


「そうだ!歩さんは我らの永遠のアイドルだ!
 無礼な事を言うやつはレゴ打ちの刑だ!フハハハ!」


「そうだ!ママはえいえんに23歳なんだぞ!
 30歳のおばさんだなんてひどい嘘をいうな!」


バラ・・・・・


え?守君がなんか変な事をいったんですけど
と、静まり返った


「え・・守君 ママって23歳なの?ずっと?」


「うん、そうだよ 女のひとは子供をうんだら
 年が止まるんだよ だからママはずっと23歳
 なんだよね!ママ!」


「え・・ええ そうよ!」


「そうよって 歩さん・・
 あなた・・子供にそんな嘘を教えちゃ駄目で・・」


ビシ!


「痛っ!」


「ママをうそつき呼ばわりするな!もうおまえは
 けんしゅうせいにこうかくけっていだ!
 ママがいったのはうそじゃない!なぜならば
 これはママ法でさだめられたことなのだ!
 えいえんに23歳はママ法できまったことなのだ!
 ママ法はにほんこくけんぽうよりも
 うちゅうのほうそくよりも、ゆうせんして
 まもられるべき、ほうりつなのだ!
 わかったかこのオタンコナス!」


ママ法・・日本国憲法より上で
宇宙の法則を凌駕すべき絶対のもの・・
自分で勝手にそんな法を・・


三人は呆れるを通り越して羨望のまなざしを
歩に向けた


結局 沢山の男達が便利帳に記載されていることも
なんの問題もないことだし


兄ちゃんナンバー おじちゃんナンバーも
妥当であるということで 


すべてこのまま続行!ということでお開きとなった


哀れな三人衆は藤原京家を後にした


道すがら歩の凄さ語りで盛り上がった


自分達もそういうふうな自分ルールで
世間の常識にとらわれることなく
悪びれることなく 雲のように風のように
生きて生きたい 
でも とてもそんな事はできない
しかし 歩はいとも簡単にやってのける
そこにしびれる 憧れるのだろう


響はおじちゃんナンバーからはずされた事で
二人に羨ましがられたが
徹底的に守君に嫌われてしまった


しかし 後日
響は名誉挽回のチャンスとなりうる
不可解な事件に遭遇するのであった

 

続く


星一徹が30代・・
子供になんか変な拘束具つけてちゃぶ台ひっくり返している
親父・・今なら虐待で通報されてる親父が
飛馬 小学生時代に30代前半・・!とういう説があります
老けすぎだろう どう見ても50代・・

歩じゃなくても 同窓会で久々に会ったクラスメイトが
こんなに老けていたら なにかとてつもない不幸に遭った
のでは無いかと 泣けてしまいますよ

アナゴさん27歳もむごいです 
こんなおっさんぽい彼も カラオケに行ったら
エグザエルとか歌って踊る若者なのでしょうか・・

今の人間の見た目やら身体が
昔の人に比べると若い!という比較対象でしたが
極端というか実在の人物じゃないし参考になりませんでしたね!
でもやはり 最近の人が若いのは事実だと思います
特に女の人は年齢聞いて え!! ってなります
昔に比べると 食べ物が良いせいなのか、環境が良いせいなのか
ストレスはけっこうあると思いますが 本当に全体的に若いです

なんでも いまどきの人の年齢×0.6=昔の人の年齢
らしいです(友達から聞きました)
ということは 私は昔の人からしたらまだ19歳!!アハハ
さすがにそれは無いですが 精神年齢は合致しそうなのが
うすら寒いです


| 文六 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode