Entry: main  << >>
生駒山 うっかり異分子が滝修行場ツアー
 先日 滝に打たれてきます!とか言ってましたが
本当に行って来ました とりあえず、行くには行きました

昔、友人が 生駒山の梅屋敷の駅近くに
駅近なのに すっかり篭ったムードの滝修行場を発見した! そうです

ではレッツ、忘れの激しい弛んだ自分に爽やかな勝つを入れよう!
なそんな、つり橋渡るぞ!的なノリで友人と向かいました

生駒山に登るのですが
友人は俄然ヤル気で自力で登る気だったのですが
私は 自分の足に聞いたら 無理 と出たので
途中の宝山寺 までケーブルカーを利用しました
10-6-9-4.jpg
見てください この緊迫感のないケーブルカー その名は ミケ

真剣な気持ちで寺を詣でる人とかいるのに
通勤に利用するサラリーマンとかいるのに 
少数かもしれないですが これから滝行する人も乗るのに
これは・・・
 
このウルトラBを連想させるファンキーな乗り物は何ゆえかといいますと
山頂に遊園地があるから、まあ こうなってます
他にも ブル ドレミ スイーツ があります
それらは想像してください 多分大概想像通りの外観です

10-6-9-3.jpg

ケーブルを降りまして 宝山寺に向けて歩きます
宝山寺の中を突っ切って 左横の細いわき道に入ります
こんな所に道があるとは 普通はわからないと思います

でもって 廃屋が立ち並び
野いちごが自生するような 小道に入ります
・・どうして かつて友人はこんな道を通ったのでしょうか

でもって 現在の友人は 道すがらに
地面に這ってる野いちごをかなり本気で食べようとしてました
が・・・危ないと思うので留めました 

で、案外想像した苦もなく 着いてしまいました
(ケーブルカー乗ったし・・)
10-6-9-2.jpg
おお! ちゃんと行場が整えられています
想像では大自然の中、そのまま放置 だったのですが
地域の住民の善意によって連綿と守られているそうです

さあ、滝に向かいましょう
以前友人が来た時は 誰もいなかったそうですが

おや 誰かいる・・沢山いる
「ヤア!」とか「タア!」とか
掛け声が・・・
真言を唱えていらっしゃる・・・

かなり本格的な方々が滝行をしていらっしゃいました
数珠持って白装束着てるし


どうしましょう リュックサック背負った私たちは
なんだかとっても場違いなミーハーどもなようです
というか そうです

なんだか とても滝に近づいていける雰囲気じゃないです
何時終わるんだろう 真言・・
なかなか終わらないので手前の家に向かってみました



そこは
着替えとかお茶を飲む施設で 地元のおじいさんが待機してらして
お茶まで出してもらってしまいました ありがたいです 
でも
いいのに・・・こんな場違いなお気楽トンボに水分を与えてくださらなくてもいいのに
申し訳ない・

で、そこにまつられている不動明王さまを拝んで

とりあえずまあ、でもせっかく来たので、おじいさんに

「あのう・・滝浴びにきたのですけど」
と聞いみました

初めて着たと知ったおじいさんは

おおお!そんな いきなり初心者がとんでもない と申されました

そういうものなの?
えらく軽く考えていた私たちです 
さあ、入るぞ 準備体操して
気合入れて! ヤア!
・・って そんなノリでいくものだと思ってましたから

ちょうどそこへ 
さっきの真剣なご一行がいらして

その長である 仙人のようなかたにお話を伺うことができました


やっぱりいきなり初心者が滝行はとんでもないようです
気合とかそういうう問題でないようです

まず 実際に打たれる前に
精神的な修行や スピリチュアルな勉強を
一年ぐらいして・・・

このあたりで、もう私は
(めんどくさ !、もう滝行いいや)
な気分になってしまっていました・・駄目な人間です・・

で、もって  滝行の修行者は
ここの滝で悪いモノを落としていくので
知らずに ワーイ と入った人は
それを拾ってしまう・・
とのことでした

・・・・怖ろしい ・・・かえって悪くなるじゃん・・!
この辺でもうすっかりヤル気どころか ビビってしまいました

で、そもそも どんな目的で滝行をしようと思ったの?と聞かれまして

なんだか とても
ぼーっとしてる自分に喝をスパッと入れにきたんです!
なんて 軽い答え、とても言えなくて
アホな子一号です 怒られる・・と思いまして

なんだか頑張ってもっともらしい言葉に変換して申し上げたところ

そうですか つまり自分を変えたいのですね と解釈されました

しかし、そういわれてみて


別に今の自分にそれほど不満なわけじゃないし 変りたいだなんて
全く思ってないと気が着きました
ましてや 恐いもの拾うリスクをおしてまで滝浴びるまでに
全然追い詰められてないですし・・
このままで行こう!
うん 滝は やめよう


ということで あっさりやめました  
本当に軽く考えてました
行場のおじいさん 仙人
こんなKYなうちらに話をしてくださってありがとうございます
すみません 
今度来る時には 手土産を持っていきます


滝を見るのは凡夫にも許されてます

10-6-9-1.jpg
撮影ははばかれる気がしましたので
離れたところから撮ります



滝の近くに行きますと
何故だか 一気に気温が低いです

細い滝でしたが けっこうバチバチ落ちてきてました
・・こんなん浴びたら
肩こりに効きそうだなあ・・
なんて考えてしまった私は やっぱり場違いな人間でした


でも見るだけでもよい滝だったと思います

もし本気で追い詰められてる方
月曜日にいらしたら 仙人一向がいらしてるかもしいれないので
話を伺ってみるところからどうでしょう

ちなみに帰りは足で下山しました
膝がガクガクです
年なので一日挟んで筋肉痛がきました
| 文六 | 08:17 | comments(5) | trackbacks(0) | - | - |
Comment
昨日は来ていただいてありがとうございました。
滝行、私も憧れがありフムフムと楽しく読ませてもらいました。
しかし悪いものを拾うとは知りませんでしたねぇ・・・。
機会があれば眺めに行きたいと思います。
Posted by: のこのこ |at: 2010/06/09 10:44 AM
のこのこさま
先日はどうもお邪魔しました
気になる茶が他にもありましたので
また行かせていただきます!
滝行
実は 先ほど親切な方が
初心者でもオッケーな場所を
教えてくださいました
こんど報告しますね!
Posted by: 文六 |at: 2010/06/10 1:02 AM
お久しぶりでございます!
新店舗、行きたいながらなかなかナラマチへ近づく予定なく、行けずにおります↓
この滝、知っております(笑)
なぜならば、我が家はあのファンキーなケーブル沿いにあるのです。
そして山登りをした時、怪しい細道に惹かれて歩いていって見つけました!
私も今度滝修行してリセッシュしようかと思っておりましたが、やはりそんな甘チャンな理由では出来ないのですね・・・。非常に残念です。

危うく私もKYな状態で滝修行に参る所でした。

他にも面白い場所があったら報告楽しみにしておりまっす♪
Posted by: ヒルエリ |at: 2010/06/10 11:39 AM
おお〜滝行ですかぁ〜☆

文六さんが 滝に打たれ

 ピカー(光)っと

 悟りを開かれて 善悪を超越した 存在になって 作品製作が神憑りになり お店がお客様でいっぱいに...

なんてことを 考えて

ププッと笑ってしまいました♪

ちなみに 煩悩の塊の僕が滝行なんかに 行ったら 滝から 大木が落ちてきて

   『チーン!』

って終わってしまいそうです(笑)
Posted by: 名古屋バイク兄。 |at: 2010/06/10 10:24 PM
ヒルエリさま 
こんにちは!なんと
ヒルエリさまはあのパンクでファンキーなケーブル沿いだったのですね
あの斜面にお住まいとは すごいです
さぞかし 日々足腰が鍛えられて
おられるのではないでしょうか
もうすでに 修行・・している
ように平地でダラダラ生きてる私には眩しく映ります

しかしあの滝・・
ほんと管理する方も修行する方も
超真剣でしたよ 仙人みたいでしたし・・
ほんとKYが入ってスミマセンって
感じでした
しかも短パンとか持っていってたし
・・お前は健康ランドで充分だろうって自分でつっこみを入れました

 
バイク兄さんこんにちは!!

いいですねえ!善悪を超越した存在・・発光してなんだか
凄いものを作ってみたいですよ!

でもしかし 私も煩悩の塊なので
実際入っても
逆熱湯コマーシャルの用に
「つめたっ!」と0.3秒で
出てきてしまうでしょう

Posted by: 文六 |at: 2010/06/13 12:13 AM








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode