Page: 1/2   >>
我が赤子の話11  
雨が続きますね フトモモ太郎が昼寝をしてくださっているので
久々にこっちのブログを更新します
よその子の話なんてどうでもよいとは思いますが
とくに奈良ネタもないので失礼します

さて1歳過ぎても なかなか歩かないので気をもんでおりましたが
生後1年と5ヶ月の現在 今ではニヤニヤしながら部屋の中を闊歩しております

しかし 問題が一つありまして 靴を履くのを断固拒否しております
履かせたら 泣き喚き 即脱ぎすてようとします
やめてくれ・・その靴は私の靴より高いのだ・・
 
長年 道端に 子供の靴が片方落ちてるのを見て
なんで どういう状況で履いている靴が落ちるのか?・・とギモンに思ってましたが
謎が解けました こういうことでしたか・・ 世の親御さんたちご愁傷様です 

そういうわけで歩きは達者ですが外を歩けないわけです 
今時 裸足で外を歩き回ってるヤツは プロゴルファー猿ぐらいなもので・・
ああ プロゴルファー猿って 居今時じゃないか・・
アベベか・・ アベベも更に昔だし
はだしのゲンか いや はだしと表題されつつも下駄はいてたし・・ 
平和で物に満たされた平成のこの世 小さいくせに私の靴より高い靴(二度言う)
履き心地悪くないはず 
一体なぜそこまで拒否するのか 靴下OKなのに謎です
言葉が通じるようになれば フトモモ太郎の言い分も聞けるんですが
まだまだ先のようです 
そんなこんなでしょうもないことで ああだこうだやってる日々です

以前 私の有様は 身なりが一層酷くなって 落ち武者のようだと書いてましたが
最近では フトモモ太郎が食い散らかす離乳食をなすりつけてきたり
笑いながら噛み付いてきたりするので
乾飯(かれいい)の付いた 痣だらけのボロボロさの増した落ち武者に進化しています
でも メンドクサイのでその格好で近鉄奈良駅のダイソーとかに買い物に行ってしまってます
世の 綺麗なお母様方は本当に偉いなあと感心してます

仕事のほうは フトモモ太郎が寝てくださってる間にちょこちょこやってまして
出産前に受けた注文分の先が見えてきました(遅い・・) そして
委託先にクリップなどの作品をちまちま追加してます
なんと 二年前のるるぶ 等の観光情報紙を持ったお客さまが ならまちこうぼう兇泙
涅槃クリップを求めにきてくださり ビーブッダが消失していて愕然とされてることが
ままあるようです  本当に申し訳ない・・駅から遠いのに 
まさか たかだか2年前の雑誌に載ってた店がもう無くなってる
だなんて思いませんよね 今は売り切れてますが 今度ならまちこうぼう兇
ギャラリー9号室に追加しにいきますのでどうかお許しを 



 
| 文六 | 15:38 | - | trackbacks(0) | - | - |
我が赤子の話というより あの犬が・・
フトモモ太郎満一歳になりました
身体は育ちましたが
精神はまだ我らとは大分感覚の異なる
意思の疎通が困難な謎の可愛い生命体 って感じです

感覚の違いを大いに感じるのは
NHKの教育番組で・・
0歳から2歳児向けの いないいないばあ というものがあるんです

正直 私見ていて 非常に・・・かったるいわけです
相棒の再放送のほうが見たい・・

顔のある花はしゃべり 着ぐるみ犬がおどけ 作り物の蝶が舞い
税金も老いも病も無い水色の空間で
(おーい うーたん どこかな〜 ここだよ〜 アハハハ じゃあまたね〜)

とかいう だからなんなんだっ?!というオチもへったくれもないやり取りをやってるわけです
それを無な状態でぼんやりフトモモ太郎とつきあってみてると
なんだかこちらののうみそがそれにあわせてたいかしていき
にほんごがうまくしゃべれなくなっていきそうになるのです・・

ふう 危ない 15分の番組だから助かったものの
これが一時間番組だったら本当に退行して日常生活に支障がでます
家の中に幼児が二人になる・・
私は日本語の話せる外国人と会話すると何故かこちらの日本語もカタコトに
なるくらい影響されやすいので 極めて危険です

そういうことで成人にとっては面白いところは無い・・ いや あった
沢山の幼児が少女とワンワンと一緒に踊るところで
大人たちの思惑に沿わずに わが道を行き 踊らず好き勝手やってる幼児がちらほらいる
のを鑑賞するのは面白かったです

しかしそんな正当な見方をしてない擦れた大人の意見はどうでもいいのです
子供番組なんですから 子供が楽しければいいわけです
で 本当に楽しいのか子供は・・モモ太郎は・・

ショッキングピンクのボールが風光明媚な日本庭園をコロコロ転がっているだけという
超シュールな画像を見て
モモ太郎はけたたましく笑っておりました

なんだそれ! 何が面白いのか本当にさっぱりわからんです
そして この画像に0歳児がオオウケするとわかって製作したNHKが凄すぎます
0歳児の頃の記憶を持った製作者でもいるのでしょうか

そして先日
育児の先輩である友人に
「子供番組どうよ・・どんなテンションでみてる?」
と聞きましたところ
なんと ワンワンの中身が 往年の教育番組 探検発見ぼくの町 の チョーさんであることを
教えていただいたのです!!(一定の年代でしかわからない話題ですみません)
なんと あのチョーさんが! しかもお兄さんだったのに50半ば過ぎだとか!
そりゃあ 子供だった私等が三十路半ばだしな! てゆうかチョーさん教育番組に生涯をささげて
数十年か! すごいな なんという男の生き様
探検発見ぼくの町 では なんか働いてるんだか働いてないんだかわかんないけど
昼真っから小学生とブラ ブラして 同年代の友達はおらんのかいって感じの
ちょっと心配な 地図書くのだけは上手いお兄さんって感じだったのに(まあ 役柄ですけど)
体が動く限りワンワンをやり続けたい? すごいなチョーさん 立派になられて・・


と盛り上がり それから
俄然 いないいないばあ が面白く見えてきました

この前 ワンワンが林の中をおどけ 隠れながら
(なんで隠れているのかわから〜な〜い〜)
とか歌ってました

今まで 呆けた顔でぼんやり ただの戯言と聞き流してましたが
なんだか (何故 人は生きるのか!) 的な深いお言葉のように聞こえてきました
自ら隠れながらも 何故隠れるのかわからない・・だと?!なんか深い・・ような

中身がチョーさんだと思うと
生涯を教育番組に捧げ おどけた着ぐるみの中で
ひたむきに健やかな子供たちの成長を願っている還暦の近いおじさんだと思うと
ワンワンのお言葉が今までと全く違ったものに聞こえます

これからも いないいないばあ から目が離せません
| 文六 | 01:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
我が赤子の話10 ミルク飲み人形がチャッキーへ

 ごぶさたしていました どうもすみません 無事です

先日 金曜ロードショーで スタジオジブリのかぐや姫の物語が放映されていました
世間では帝のアゴがどうだこうだ言われてるみたいですが
私的にはジブリナンバーワンだな! と思いました カリオストロの城 越えです 
特に ラストの 月の使者(仏だった!!)の来迎シーンが圧巻でございました
あれから三回くらい巻き戻してはそこばっかり見てます
特にというか そこだけでナンバーワンです
あの壮麗なウキウキ来迎釈迦一団 
彼らにとっては地球人の抵抗などミジンコのパンチみたいなもんです
楽しげなのにうっすら不気味な音楽 久石穣氏 相変わらず良い仕事をしてます
ドローンより高性能で軽快に飛びまくるクリオネみたいな飛天
そして かぐや姫と相席で釈迦が座ってる!!

かぐや姫のおじいさんとおばあさんとは別な意味で
「私も連れてってくれ!」
と思いました
・・

がそんな現実逃避はしてはいけないのです
乳飲み子が居ますから

フトモモ太郎は なかなかハイハイが出来なかったので
内心ちょっとヒヤヒヤしてましたが
10ヶ月頃に つかまり立ちと同時期にハイハイできるようになりました
フー 良かった 
・・ですが 本当に目が離せなくなりました
目に入るもの全てひっくり返し
輩のようにガラッ!と襖を開け放し どこまでも行くし
床にゴミが落ちてたものなら躊躇無く口に入れるし
モモ太郎は起きている間は 監視対象者 要注意人物 荒くれ者 です
言語がまだ全く通じてないので
まあ いうなればチャッキーみたいなもんです 元気で宜しい


パソコンのキーボードを叩きまくるのがお気に入りなフトモモ太郎
パソコンをしてると横から奪いに来て
あっという間にttttttttttttttttttttttとか検索されてたり
なんかわけのわからん健康食品の購入ボタンを押す寸前だったり
WEBカメラが作動してたりで うわあああ!です
もう 抵抗しても仕様が無いので 電源を切ってなすがままにしました

フトモモ太郎は動くようになったわりには球児のように尻とフトモモが大変に太いので
これからもフトモモ太郎と呼ぶことにします
 

一気に書こうと思うから更新が滞るわけだとやっと気がつきましたんで
今日はこの辺で! ではまた

| 文六 | 21:56 | - | trackbacks(0) | - | - |
我が赤子の話 9
気がつけば師走です 嗚呼寒い

師走に親馬鹿といわれる諸族が気合を入れて取り組むことと言えば
大掃除より何より 可愛い我が子の写真入年賀状作成

かつての私は 正月に届く 友人知人からの
ほら!どうだ!かわいいだろう!うちの子!見ろ! な 年賀状を見て
(へへっ 親馬鹿どもめ 私はそうはならんからな! 
私は これからもずっと ひねくれた直筆イラスト年賀状で通してやる
ブレて たまるか!) と思ってたのですが・・

あっさり宗旨替えしました  

かわいいものは 人に見せたい かわいいうちに

その気持ち 大いに今ならわかります うん
いいじゃん 子供の写真入り年賀状

そういうことで私は
ネットで羊の着ぐるみを買いました
なんか よりにもよって超テンプレート きっとこの国 この2014年に羊きぐるみ買う親って
いちまんにん・・くらいいるんじゃなかろうか  その中の踊らされている一人か 私は・・
うん まあいいや 可愛いし まあいいや

で その白いモフモフをフトモモ太郎に着せて
奈良公園で鹿に囲まれた羊フトモモの図 というのが年賀状の構想であったのです
可愛らしいし 奈良の要素も入っていて完璧だ!よし 

実際届いたそれをフトモモに着せると まあ
かわいいことこの上なし



が しかし 袖を確認してみると
在り得ないもの いや在ってはならないものがっ!

に!肉球  じゃ ないですかこれ!
これ 羊じゃなくて シロクマですやん・・・



鹿に囲まれる羊フトモモの構想だったのに・・
もういいや かわいいし
脱がせるのも返送するのもめんどくさいし
 ここでネタになったし もういいや

まあ気を取り直して奈良公園にいったのです
鹿せんべいで鹿を寄せ付けて撮影 という
作戦というにはおこがましいほど あまりにも簡単な計画でありました

さあ いざ 紅葉の奈良公園!!

しかしそこにはありえない光景が・・・

鹿せんべいを持ったあまたの人間達が 鹿を求めさまよっている・・
うざそうに人を避けるシカ達

なんだこれは・・西から登ったお日様が東へ沈むかのような
なにもかもが逆転している光景

いつもの ギブミーチョコレート!!状態なあの子達に一体何が??


時は十一月末 紅葉シーズンも終盤
連日の多くの観光客に鹿煎餅をもらい続けた鹿は
皆満腹でいらっしゃった 皆 すごい胴回り ハムか・・
人間だったら膝を自らの重さで痛めてるぞ

けだるそうな鹿の周りにバリバリに割れた鹿せんべいが散乱
嘘じゃないです 証拠写真

拒否られる私 (片手・・重いんだよ・・9キロあるんだよ お願いします食べて下さい)

こんなこともあるのだなあ・・と感慨深く
いやいや 困った
鹿に囲まれた 遠目から見たら羊に見えないことも無いフトモモの図が撮れない

なんだかんだありましたが 満腹で寝ている鹿さんに
(すみません ちょっと 寄り添わせて下さい うちの子を・・)
と言う感じで 当初とはいろいろだいぶ違う結果ですが一応撮影できました
フトモモ太郎の重さでもう適当でいいや 鹿写ってれば・・ となりました

そんな妥協満載も又よしな晩秋でした








  
| 文六 | 01:24 | - | trackbacks(0) | - | - |
我が赤子の話 8
長らく書いて居ない間に
フトモモ太郎はじわじわ成長しており

今では離乳食を食べております
ビーブッダなものですから
まずは 乳粥だろう! ということで
米と粉ミルクで作ったのですが
フトモモ太郎 断固拒否
食い物とみなさず
食育最初の一歩で躓いたのです

私は貝になりたいといわんばかりに
口を閉じるモモ太郎の前に 粥を一さじ持った私が項垂れる
という日々が一週間ほど続いたのですが

母業の先輩である友人に聞いたところ
別に 最初に米を食わなければならないってこともないと言われ
それもそうかと サツマイモのミルク煮に切り替えたところ
モモ太郎 一転 うまうまと食べてくれました
日本男児であるにも関わらず 米が好きではないようです
芋派か・・
前世 タロイモなどを主食とするポリネシアン系だったのでしょうか

ビーブッダ故にまずは乳粥などという 母親の身勝手な願望 私欲など
知ったこっちゃ無いモモ太郎です 

そんなこんなで育児は大変なような気がしますが
モモ太郎の可愛さも含めたら良いことのが勝っております
先日 新たに気が付いた 良い事 なんですが

私は昔から 往来であろうと独り言を発する
はっきり言って不審な人物だったのですが
フトモモ太郎が産まれてくれたおかげで
ゴニョゴニョ言ってたり 鼻歌歌ってたりしてても
道行く他人に
(うわ あの人なんかやばい人?・・あ 子供抱いてる  そうか話しかけてたのか)
と勝手に誤解していただき
胸にモモ太郎を抱いてるだけで あら不思議
不審人物が
怪しくない普通の母親に思われるようになりました
ありがとう モモ太郎!
これから独り言言い放題です 万歳

誤解といえば

先日 いつものように落ち武者がフトモモをベビーカーに乗せて
鼻歌まじりに散歩してましたら・・
見ず知らずの老婦人が声をかけてきました
フトモモはなかなか客観的に見ても可愛いので 良く知らない人に声を
かけられるんですわ (自慢)
「ま〜かわいらしい子ねえ」
これはいつもどおり(自慢)
が・・
「お母さんも 化粧もせず偉いわねえ 頑張ってるのねえ」

ええ!!!?・・ゲフゲフっ・・なんてこった 何故か私が褒められた!?
化粧をしてないのは単にめんどくさくてさぼってるだけなのに
身を窶して頑張ってる母のように見えるらしい・・
なんかすみません

私からしたら 育児しつつもちゃんと身奇麗にしているお母様達のほうが
偉いと思うんですけどね
なんか すみません
ちょっとした募金詐欺をしてしまった気分です
まあ 改める気は無いのですけどね
楽が一番

ちなみにフトモモ太郎には結構可愛い格好をさせてます
出産祝いに皆に可愛い服もらいましたし
素材が良いので着せ甲斐があります(自慢)
そういうわけで 我が家はルイ14世と下僕A&B
みたいな様相です
モモ太郎まで貧相な身なりをしてましたら
それこそ 福祉課・・とかに通報されてしまい
本当に募金詐欺状態になってしまいますので
可愛い子には 耳の付いた帽子 とか
モコモコの着ぐるみとか あざといまでに可愛い格好をさせよう
と思います こんなのが似合うのも今だけですからね
| 文六 | 00:13 | - | trackbacks(0) | - | - |
我が赤子の話 7 稚児キャラを理解す
我が赤子 フトモモ太郎はデブではないようですが
フトモモだけは相変わらず絶好調に育っているようでして 
身長より多きめの服をきせても フトモモ部分のボタンだけパアンとはじけ飛びます・・

這いずり回るようになりましたら 引き締まってくるようですが
身体能力の発達は前回からそれほど変化が無いので
フトモモ太郎のフトモモの気持ちの良いさわり心地はいましばらく楽しめそうです

さて フトモモ太郎は今 指しゃぶりがマイブームなようで
最初は親指1本だったのが 指の数が1本 また1本と増え 
最近は両の手の指全部入れてむせています 
そんな涎を滝のように流しながら全指を頬張る貪欲なフトモモ太郎を私は愛らしいと
思ってニヤニヤ見ているわけです が

此処だけの話 此処だけといってもネットに上にあげといて此処だけも何も無いですが・・
我が赤ん坊が生まれるまで 赤ん坊の涎 指しゃぶり き 汚いし・・と思っておりました
どうもあっさり感性が変わったようです
自分は以前 キューピーちゃんやらモンチッチ等の甘えんぼ赤子キャラクターの魅力が全くわからず

・・赤ん坊だからといって おまえ 全裸で堂々とお茶の間に!!  とか
・・その上目遣いと指しゃぶり 全力で人間に媚びてやがる・・ 野生の魂はどこへ行った?しっかりしろよ猿よ!
とか思ってました  
そういや抱っこちゃん人形も苦手でした 縋り付くなよ ウインクされても困る って・・

それがどうしたことか
今ではそれらを ああ かわいいかもね とスンナリ受け入れられます
全てはフトモモ太郎の力なのでしょう

しかし これだけは相変わらず可愛さが一ミリたりとも理解できない

御所人形・・

顔の具があきらかに中央に寄りすぎだし・・(森元総理かっ)
肉体は赤ん坊なのにあどけなさが皆無 表情が此の世の全てを知り尽くした玄人 
絶妙なアンバランスさが生み出す薄気味悪さ これはそう 楳図かずお氏の赤ん坊少女のような・・
 
そういうわけで私は可愛くないと思うわけです 私の感性がゆがんでいるのか?
いや 一般的に可愛くないですよね???
少なくとも女子高生はストラップにしないはず
ガチャガチャで出てきたら小学生愕然とするはず

これ本当に 江戸の人が かわいらしいのう・・と言って愛でていたのでしょうか
不可解すぎる・・数百年前とはいえ同じ日本人なのに感性が理解不能

 ・・もしや たとえば金魚 らんちゅう のように
本来は水槽に入れて横から見るものではなく
鉢にいれて真上から見下ろしてその姿かたちを愛でるものだったように
御所人形にもピンポイントでとてつもなく可愛く見える角度があるのかもしれません
後ろ姿とか 斜め下45度とか・・

と 散々御所人形を貶めてきましたが
この記事を書くために 画像検索してましたら
なんだろう 不思議とかわいいような気がしてきました
なんだこれは オカルトの力か 我を愛でろという人形の呪詛か
御所人形の這い子というやつに至っては
豊満なふとももが うちのフトモモ太郎そのものである
顔を見なければ素晴らしく愛らしい・・
体が良いからよし! 
なんだか Classの夏の日の1993みたいな結末になりましたが
今日はこの辺で終わりとします


  
 

 
| 文六 | 18:13 | - | trackbacks(0) | - | - |
我が赤子の話 6 
またしばらくご無沙汰しておりました
デング熱の事を テング熱と誤認している日本人は何万人くらいいるだろうと
考えていたりしておりました つまりは悠長

フトモモ太郎は5ヶ月になり 寝返り180度までできるようになりました
180度ということはうつぶせまで出来るということです
しかしそこからは もうにっちもさっちもいかんようで 
自分でうつぶせになっておきながら
ギャーと泣いております で 私仰向けに戻す 
でまたすぐフトモモうつ伏せ ギャーと泣く でまた私戻す・・
それを永遠に続けております
泣くほど苦痛なのに・・出来ないのに チャレンジをやめない
成長しなければ生きてはいけないことをDNAに刻まれている故か
初々しき生命体のど根性 神々しい  
自分 薄ら汚れた大人になってしまい そんなに記憶 はるか彼方だな・・
頑張れフトモモ太郎 
今の所360度成功する気配がないけど まあ頑張れ

しかし  

母親先輩の友人によると
(〜テング熱〜)なんて のんきな事を考えていられる状況も最後
今が一番ラクな時 ラクな時の終焉は差し迫っているようです
寝返り360度成功の暁には
赤子は平行移動の自由をてにいれるのです
もう目が離せなくなるということ
そして 同時期に離乳食もはじまるとの事

合戦は近し といった感じでしょうが
自分 経験がないのでイマイチ 事の大変さがわかってないようです

一ヵ月後には 落ち武者風ファッションがさらに悪化して
ヨモツヒラ坂から散々な目に合ってどうにか生還したイザナギ風ズタボロになってるかもしれません

それはさておき 
写真で晒せないのが残念ですが
相変わらずというか さらにフトモモ太郎は可愛さがましています
かわいいというより なんという麗しい・・

親バカレンズを通してるから そう見えるのだろう バカめが・・
と思われるでしょう  私らもそう思っておりました 
しかし
実際の所 外出すると しょっちゅう知らないご婦人らに
「ま〜男前だね」 「りりしいね〜将来楽しみだね」 と
フトモモは褒められております

そういうことですから 客観的に観ても
赤子の中でも可愛い方であるのだろうと思います うん

まあ わざわざ 他人の赤子に
「ま〜 ブサイクだね 将来残念だ」
なんて声をかけるような人は よっぽど
3年連続振り込め詐欺にひっかかった等で心荒み尽くすでもない限り居ないとは
思いますがね

とにかく美しいフト桃太郎
とんびが鷹を産んだ (とりあえず顔面においては)
よかったよかった と夫婦で喜んでおりますが
一抹の不安はありまして
実は 私 幼きころはなかなか可愛かったんですよ・・
うそじゃない!本当ですよ!
小学生の頃はキョンキョンに似てるだの言われ・・
うそじゃない!本当ですよ!マジで!
しかし 中学生の頃は 岸田 劉生の麗子像に似てるだの言われ・・
うそじゃない!本当ですよ!マジで!こんな悲劇が!

要は第二次性長期で失敗したわけです 
だからマコーレ・カルキンに勝手な親近感を持っております

そういうわけで フトモモの天下もいつまでも続かない可能性大です
しかし 生涯において一度も美しい時が無いに比べたら
一時でも賛美される時期が合ったほうがいいですよね いい思い出になります
私は可愛らしかったころに写真をもっと一杯撮っておけばよかったと後悔しておりますので
フトモモ太郎が むさくるしい中学生男子になった頃
「これ俺 マジで! こんなに可愛かったんだぜ!」 と見せびらかし
 ネタにできる写真を沢山撮っておきたいと心から思います

マコーレ・カルキン 元気になってくれないかな〜






 


 
| 文六 | 02:08 | - | trackbacks(0) | - | - |
我が赤子の話 5 
イベントクラッシャーな台風が到来しているようですが
警報とか出ているようですが 妙に静かな深夜1時です

今回の台風は とんでもなくタイミングの悪い奴でして
この土日の日本各地の夏のステキイベントを泡のように消し去りました

淀川の花火 なら燈花会 よさこい・・いったいどれだけのイベントが泡と消えたのか
・・ウキウキ心待ちにしていた人 ここで一気に稼ぐつもりであった人
どれだけの人の期待と夢をぶち壊しているのでしょうか
心持たぬ低気圧をうらんでも仕方が無いのですが、ついうっかり
貴様の血は何色だ と言ってしまいそうになります 

自分的に 一番哀惜の念 堪えないイベントは
氷室神社 カキ氷の祭典 しらゆき祭り です

奈良は毎日毎日・・ずっと ほんとにあっついんですが
なんか よりにもよって今日だけ すっごい涼しいのですけど!
本当に今日だけ涼しい しかも土砂降り!
今日以外であったならば 物凄く歓迎されるであろうカキ氷
なんてこった・・・

うん 来年に期待

そういうことで 本筋に入ります
我が赤子 フト桃太郎は先日4ヶ月を向え
かかりつけの小児科に4ヶ月検診を受けに行きました

外出するにあたり 母親である私
まあ それはヒドイ格好で出かけました

ありしひのビーブッダ店舗に来てくださった事のあるお客さまは
ご存知でありましょうが
私 ビーブッダ店主は客商売だというのに 
身なりに気を使わないにも程がある 平成なのに昭和枯れススキ風でした
自分 アクセサリーとか作ってるくせにいいのかコレ と思いつつも
めんどくさいの壁は越えられず 
ハタチ越えたらちゃんとしよう とか 社会人になったらちやんとしよう
とかズルズル引き伸ばして居たら30を越えてしまいました
これはもう 手遅れ 不治 

その不治の 
(綺麗な格好するの時間もお金もかかるし とにかくめんどくさい病) は
育児をしていたら更に悪化しました 

いざ フト桃太郎を連れて外出した時
我ながら この風体・・・ まるで落ち武者だな・・と
思ったわけです さすがにコレで病院は恥ずかしいだろうか
ギャルママとか綺麗なマダムの中で浮くだろうな いいやもう知らん

しかし 小児科の待合室に次々来たのは
我と同じく落ち武者 もしくは野武士の類でござった・・

さながら戦国の世のようでござった・・
非常に居心地の良い空間でござった・・

ちなみに野武士は 身なりは落ち武者だが元気な感じの人のことです

そうか!TVや雑誌の中の綺麗なママどもは あれは架空の生物だったのか!
ああよかった!
乳飲み子抱えながら まつげや何やら塗りたくる 髪を巻くだの
そんな芸当 常人に出来るわけないよな!よし !
と 己に許可証を与えたので
これから一層 落ち武者でうろつくと思います

フト桃太郎は 母親が見るも無残な落ち武者であるにもかかわらず
キャッキャと笑いかけてくれます いじらしいものです
しかし思春期とかになったら 道端ですれ違ったら 他人のフリとかするかもな

検診では先生に りっぱなフトモモだ!と言われたので
ネーミングに偽りは無かったようです

さて 昨今 いろいろ物騒なので
子供の写真の掲載も気をつけたほうが良いかもしれません
まだ赤ん坊で 容貌も変わるので大丈夫かな と思ってたりもしますが
念のためもうそろそろ 顔写真の掲載はやめにします

これで最後なので
絶好調に可愛い一瞬 と
同一赤子と思えぬ 微妙顔をどうぞ




どうか神さま仏様 できれば将来 この子の顔 上のほうの顔で固定して下さい
下のほうの顔も まあ 面白くていいんですけど できれば上で!

顔写真はやめにしますが 語りはこれからも続けますのでよろしく



 






 
| 文六 | 02:16 | - | trackbacks(0) | - | - |
我が赤子の話 4 お食い初め
一ヶ月に渡り ご無沙汰しておりましたが
いろいろ手抜きをしているので産後欝になることもなく
気楽に子育てしておりました

で まず ブログを読んでくださっている優しい方々に
謝らなければならないことが・・!

前の記事で 金太郎がつけてる菱形の腹だけ隠している衣類
腹掛け というんですかね
あれを 遠い遠い古の幻の衣類 とか言ってましたが

そんなことは全然なかったです!

現在 NOW めちゃくちゃ近くに存在してました
ありがたくも出産祝いに頂いたベビー服にありました


うちの太モモ太郎 着せてみました
金太郎服 存在!
しかも コムサ! オシャレにスタイリッシュに現代に溶け込んで普通に存在

菱形ではないですが 後ろは紐のみです 

普通にあった・・金太郎服

ただ いにしえと大いに違うのは オムツ装着の上着る(皆そうしてると・・思う)
ところ です

そういうわけで いい加減な事を書いてすみません いい加減なのは今に始まった
ことではないですけど

さて うちの フトモモ太郎の育児+おまけの家事
の日々をひたすら続けていて 気がつけば100日が目前!(97日目で気がついた)

100日といえば お食い初め 
鯛だのハマグリのおつゆだのを用意して 食べさせるフリをするやつです

正直メンドイ 魚焼きグリルを掃除するのが・・貝に砂を吐かせるのが・・
気がつかなかったフリをして やりすごす という手もありました
それに
今時の人は 実際食べれないモノを赤子に用意するだなんてナンセンスな行事
やってないんじゃないかと  うん やらないだろう

そう思い 友人に電話したら 
ちゃんとやってた・・

押し入れにしまいこんだ
お宮参りをしたときに神社に頂いたお食い初め用の漆器も
(・・やれよ やらなきゃ わしは永遠に無用の長物・・めんどくさいとかいうなよ)
と訴えかけてくるような気がする・・・

それに お食い初めのいわれは

将来子供が食うに困らないため

だそうで・・
我らの育児の最終目標は 「自活できる人間になっておくれ!」
なので これは やっぱりやらなければならない ・・か

ということで 仕出し屋も考えましたが
押入れの器が 遣ってくれと訴えかけてくるのでしょうがないので
自分達で用意しました

画像これ・・どうやったら縦にできるんだろ

頑張りました!
主に漁師さんとスーパーの鮮魚売り場ではらわたとか処理してくれたお兄さんが

7キロ越えの重いフトモモ太郎を抱えてスーパーをうろついた時点で疲れ
ハマグリは 既に砂だしがしてあるものを発見し こりゃいいわ と手を抜き
赤飯にいたっては ・・実母と義母には秘密ですが(彼女らは此処を見ていないのでよし)
レンジでチンのパックのヤツにしてしました
夫は え〜 これにするの?ほんとに?とか言ってましたが・・
いいのだ! これで! 確実に美味しく成功し もち米も小豆も余らず無駄が無いではないか!
保食神も褒めて下さるであろう

塩ふった鯛をグリルに突っ込み ハマグリのおつゆを作り 赤飯をチンしたり
鯛がでかすぎて訴えかけてくる漆器の器に入らなかったりしましたが
なんだかんだとようやく準備ができたころ
フトモモ太郎は熟睡モードに突入し
冷めた料理と半日近く待つことにしましたが
結果的に 良い記念写真も撮れたし良かったです

この歯固めの石を加えさせられ 嫌そうな顔をしている写真が
一番ナイスでした








 
| 文六 | 00:27 | - | trackbacks(0) | - | - |
わが赤子の話3 オムツ考

姪のお古のベビー服がありまして
鹿柄で可愛かったものだから
着せてみましたが・・・なんか ものすごく似合わない



生後2ヶ月に満たずとも
容姿に性差がしっかりあるのだと実感
私の小さいころに激似ですが それでも男
ちょっとピンクなだけでこんなにしっくりこないとは驚きです

それにしても このベビー服
姪っ子が生後4〜5ヶ月のときに着ていたものなのに
うちの満腹太(まんぷくふとる) もはやパッツンパッツンです
どういうことだ

生まれて早二ヶ月 か弱き新生児だったことが
遠い昔の思い出かと錯覚してしまいそうな育ちっぷりです

最初とずいぶんルックスが激変したとはいえ
相変わらず可愛いわが子です

が それでも オムツを交換している時に

〜・・これ 3年くらい続くんだよな
一日8枚位 換えているとして 一ヶ月で240枚
1年で2880枚 3年で8640枚
・・8640回 オムツ交換か・・ はあ〜・・
と 天竺への旅のような果てしなさに げんなりしてしまうのは正直なところです

しかし そんな時は
いにしへの育児事情を想い
現代の私は随分楽してるのだ・・ちゃんとやれ と 己を励ますわけです


いにしへのオムツ・・いにしへと言っても たかだか一世代前ですけど
紙おむつは主流でなく 布オムツだったし
布オムツって 洗って干してを3年間繰り返し繰り返しか・・
超めんどくさいです 汚いやら 冬は冷たいやら
今の育児にプラスオムツ洗いという仕事など
心から御免こうむりたいです


私の母曰く 当時紙おむつは在るには在りましたが
今のような高機能なものではなかったですし
それよりなにより
紙おむつを使ってると
ご近所さんに
(あら あそこのお嫁さん紙おむつなんて使って! 手抜きして!・・ヒソヒソ)
と怠惰な嫁の烙印を押され 村中に噂されるので
とても使える状況じゃなかったと・・

昭和のお母さんお疲れ様でした 平成万歳です

しかし もう一世代前
私のおばあさんに聞いたところ 更に過酷でして

おばあさんは うちのお父さんのオムツを
家で飼ってる羊の毛を紡いで作っていたとか!

羊毛って めっちゃ蒸れるんじゃないか オムツの素材として不適では?
という突っ込みはおいといて・・
まさか 素材を紡ぐところからやらねばならないとか!!
いや 素材(羊毛)を飼育するところからしてるし!
紙おむつの交換めんどくせ なんて言ったら
飼葉を投げつけられてしまうでしょう・・

で さらにもう一世代前
忙しいのに貧しい農家の場合

おしっこするする度におむつ交換などしてやる
暇などないので
畑仕事に赤子を連れて行き
藁を詰めた籠の中に赤子を入れ木陰に置いておき
少々泣こうが構わずに畑仕事を続け
時々乳をやりがてらに 汚れた部分の藁をポイと捨てる

だったそうです
もはや 布とかでなく そのままの素材 藁!
こうしてご先祖様は逞しく育ったのです
すごいな・・藁か エコで合理的ともいえる か?
肌触りのよさとは間逆にあった時代・・自分昭和生まれでよかった


で ふと思ったのです
いにしえの日本のそのオムツ事情ですら 驚愕ものですが
日本はそれでも 自然に恵まれ(藁いくらでもある)
水もふんだんにある(おむつ洗い放題)恵まれた環境

では 草木あまり育たない 水の貴重な乾燥地帯の赤子はどうされていたのか?

姉に問うてみましたら
どういうわけか知ってました

そういう地域では 赤子のベッドの
赤子からおしっこやらが出る部分あたりに
穴をあけてあり そのまま下に落ち受け皿で受けていたということです

・・なんとスマートな 一切の無駄がないというか 手間も最小限
これで何も汚さず廃棄せず済む訳か なるほど うんうんすばらしい
と思いました が ひとつ問題が

それってつまり赤子は少なくとも下半身裸ですよね?
寒くない?あまりに無防備では?大丈夫なのそれ??!

そこで思い出しました

かれこれ10年以上も昔の話ですが
中国に旅行に行き とある都市のバスに乗り
流れる町並みをのほほんと見ておりましたら
スルーできない衝撃的なものが!

前掛けだけつけた裸の幼児が普通に母親と歩いておりました
あの 日本昔話の金太郎さんがしていたひし形のやつです

友人と 「ねえ!あれ!あの布 一番隠すべき所を隠していなくないか?」
「あんなの 御伽噺の中だけの衣装だと思ってた!実在するとは!!」
「衣類としての意味はどこに?」
と盛り上がっておりました

が あれはつまり 手間いらずな穴ベッドと同じであって
排泄したもので衣類を汚さずに済む 服??だったのです
布が腹のみだったのは 腹を壊さないための親心
幼児の尻だの出ていても 当時のあの国は別に無問題で
なんだか それを恥ずかしいと言うわれ等の心根こそが恥ずかしいのだぞ
と言われたような気分であります

乾燥地帯の穴あきベビーベッドで寝ていた赤子も
おそらく金太郎式の衣類を着ていたのでしょう
服を汚さないためにいっそ汚れる部分の布を無くす!
という なんという逆転の発想 シンプルながらも私たちは思いもよらなかった

しかし 当然ながらひとつ問題が
服は汚れないかわりに 地面が汚れます

大草原ならまだしも 公共の道路とかは宜しくないでしょう
いや 絶対駄目だ

犬のフンですら放置したら条例で罰せらる国の私は思うわけですが
当時のあの国の人たちは気にしなかったのでしょう
今はどうだかわかりませんが 中国のものすごい発展っぷりを見ると
もう 金太郎ルックの幼児は存在していないでしょう

金太郎ルック幼児・・本当に御伽噺の世界に行ってしまったんだな キラキラと輝く彼方へ・・なんて
センチな気分になったりしますが
それも旅先 よその国だからでしょう

実際日常にあって 落とされたものを自分が踏んだら キラキラと・・なんて言ってられません
ほんと御免こうむりたい

わが国は たとえオムツから漏れて衣類の洗濯が大変でも おむつ代嵩んでも
排泄物落とさず頑なにキャッチする方式で行っていただきたいです 高機能紙おむつ万歳!
| 文六 | 23:22 | - | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode