Page: 1/1   
劇画 てるてる坊主 完
 6月一杯でならまち猫祭りが終わり
それに連動していた チャリティーを兼ねたならまち工房兇
ねこてるてるぼうずの飾りつけが終了しました

募金をしてくださったお客様にお好きなてるてる猫をプレゼント
という企画をしていました
そして 総額 13984円も集まりました
ひっそりとした場所で たいして宣伝もしていなかったのに
良く集まったものです 
はっきり申しましてABCDOGさん製作のハイクオリティー超かわいい
てるてる坊主の貢献度の占める割合が非常に高かったです!
次がありましたら 少々反省して 私もABCさんを見習って もうちょっとは
美しく作らねばならないと思いました

募金してくださった皆様本当にありがとうございました!
寄付先はちょろまかすことなく 全額
あしなが東日本大地震津波募金 と
震災をうけたペットたちへの寄付 に寄付させていただきました


で ちょうど
こちらの 誰の為にもなってない てるてる坊主連載が完結です




こうして 僧侶は虹のかなたへいずこともなく去って行ったのである
行き先は誰も知らない・・
しかし もし 貴方の家の軒先に 見慣れぬてるてるぼうずが
ぶら下がっていたら
それは奴かもしれない   完

というわけで終了です
誰のためにもなってないビーブッダのてるてる企画終了です
てるてる坊主が美僧に変身するシーンと
OUCH(アウチ)という台詞が書きたかったのと
アバヨといって去っていくシーンを私が描きたかったが為だけに
はじめた極めて自己満足な連載にお付き合いいただき
ありがとうございました
たいして大どんでんがえしもなく 鬼はあっさりと負け
強いて意外なところといえば 僧が敗者にたいして
存外性格が悪いという程度です

しかし 描いてから気がついたのですが
そもそも鬼は かみなりさまとしても職務を果たしていただけなのに
どうしてこんなにもボコボコにされなければならないのか・・・
まあ いいか 


で てるてる坊主はそもそも何なのか?どのように発祥したのかと
疑問に思った私が調べたところ

昔々・・・室町時代のこと
大和地方に長雨が降り続き 大和川が氾濫し
多くの民百姓が悲嘆にくれていた

そこで 一人の修行僧が
仏様に (自分の命と引き換えにこの大水害から民百姓を
救って欲しい)と祈願し
寺の軒下に自分の身を吊って 三日三晩勤行を続けた
すると いつまでも厚く覆っていた雨雲が去り
水害も治まった 
大喜びの人々が 修行僧の所に駆けつけたが
修行僧はすでにこときれていた

それから人々は修行僧をしのび 力にあやかって
長雨のときに 軒下にてるてるぼうずをつるすようになったという・・・


と いうのはです


本当の起源はもともと中国です


中国のてるてるぼうずの祖先は 女神だったようですが
平安時代あたりに日本に導入されたとき
日本では 加持祈祷などに司っていたのが
山伏やら 僧侶など 男性が多かったので(巫女は無視??)
坊主  となったようです
そういうことで てるてる坊主=僧侶 説はだいたい合ってたと言うことです




| 文六 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
劇画 てるてるぼうず2
 てるてる坊主とはそもそも何ぞや!?と
突発的な思いではじめたものの 
はりきって色まで付けちゃったりしなければよかった・・めんどくさ
と早くも後悔しちゃってる作品第二回です
もうすぐ終わりますので どうかよろしくつきあってください



なんでだよ!!なんで僧侶になるんだよ!
と 思われるでしょうが

テルテル坊主→坊主っちゅうからには→そもそも僧が起源?!

ではないだろうかと考えるにいたったのであります
だってほら 髪の毛ないし 絶対僧ですよあれは

今回がオチみたいなものですが
あと1回あります

しかしまあ
奈良はてるてる坊主ネタがふさわしくないにも程がある陽気です
・・・暑い。。
皆様 そうめんばっかり食べたりして早くも夏バテになったりしては
いませんでしょうか?せめて トッピングにわかめとか乗せてあげてください
マヨネーズ混ぜると美味しいですよ
そうめんにマヨネーズというと 皆に『うわぁ・・』という反応をされますが
確かに見た目は美しくないですが 騙されたと思って一度お試しください

| 文六 | 10:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
劇画 てるてる坊主とは何か
最近こちらの更新が滞ってまして もうしわけないです

前回のテルテル坊主作りを発端に
(そもそも テルテル坊主とはなんなんだ・・)
と思いにふけるようになりまして

・・・われながら 
(この平和ボケ頭めが!!世の中に謝れ)と思いますが
思考はとまらず

結果 私が考察するに テルテル坊主とは何かが見えましたので
それを描きたくなったので 描いてしまいました

なんだか 無駄にやる気が出て(一瞬)
アメコミ風めざしました
 

恐ろしいことに続きます!!
果たして梅雨が明ける前に終了できるのか!

しかもアメコミ風・・って 台詞とか擬音語がローマ字表記なだけです!
おまけにそれすら挫折してテルテル坊主が カッ とかなってるし
突っ込みどころが多いですが どうぞ遠慮なくつっこんでください

ですが どうか
次回の予想とかオチはこうなるよね!
と未来予想だけ勘弁してくださいませ
当てられてしまうと 心が折れて 描けなくなる恐れありです
大変ヘボいガラスの30代です
| 文六 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Recommend

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode